<   2008年 07月 ( 5 )   > この月の画像一覧

最後の3日間

d0129469_19453257.jpg

d0129469_19453290.jpg

d0129469_19453250.jpg

d0129469_19453248.jpg

いつか、この日が来ると、覚悟してたはずなのに、こころをどこかに忘れてしまった感じで、ただ時間が過ぎることだけを考えている。





11日から3日間の休みをとった。ジャンがやってきて、はじめて、ジャンのことだけを思い、ジャンと家族で、過ごした3日間。この3日間を忘れないよう。


11日 金曜日、少しでも元気なジャンに、会わせたくて、昼に妹と姉に連絡をした。妹がきたからか、喜んで久しぶりにジャンは尻尾を振った。食事を少しした後、なかなか寝ようとしない。ずっと、咳も出たまま、呼吸ができず、舌は赤黒い。何度が眠ろうとしたが、眠ってしまうのが、怖いのか、頑張って起きている。それから姉が来た。姉の手をペロペロ舐めた。姉は、 ジャン、きついとに、なめてくれると?とジャンに聞いた。




その日までに、なんとか間に合うよう急いで作ってもらった、ドギーカートが届く。みんなで、ジャンを乗せた。 もう歩けないので、みんなで抱っこして乗せた。ジャンは最初にドギーカートに、乗せられた時に少し震えたけど、笑った。本当に、楽しそうに笑って乗っていた。


12日朝ますこさんがきた。朝からずっとジャンは散歩をしたそうだった。
ジャン?散歩行く?
ドギーカートに乗る?本当に乗りたそうな顔をしたので、ドギーカートに乗せて、私とジャンの大好きなお父さんとますこさんとで、カートを押した。



いつもの公園。ジャンが、ちょっとだけ歩けたように、見えた。オシ○コもやっとした。


いつもの大好きな場所に座って笑っていた。いつもの好きな水飲み場に入って、頑張って水を飲むつもりがそれはさすがに出来なかった。
なぜだか、咳はでなかった。

その散歩の途中、自分から家に帰りたがった。今まで散歩の途中で帰りたがったのは、はじめてだったので、私はこの時、少し覚悟をした。



家に帰ってから大好きな山羊ミルクをあげたけど少し残した。


妹が夜10時にジャンの看病に来てくれた。三時間ほどしてやっと、少し眠った。この時、酸素をいやがりチューブを噛み切った。



13日、妹が明け方に帰り、私もいつものように玄関先で寝た。10分くらい眠ると、また咳をはじめた。しかも自分で起き上がろうとした。



ジャンはいつものジャンの場所に行きたそうにしたので、中川君と、いつもの場所に連れて行った。明け方、ずっとその部屋から外を見ていた。あの時、ジャンは何を見ていたのだろう。



13日午後4時 体温が計れない位の高熱と、呼吸が、続き、なんとかしてあげたかった。病院から注射をもらってきて、中川君が点滴をした。最後まで望みは捨てない。なんとか、熱だけでも、下げてあげたかった。
午後8時ジャンは最後まで、必死に呼吸をした。あきらめなかった。



翌日の朝、5時45分にいつものように、ジャンが起きてきて私の横で、大きなあくびをした。私は、あっ、もしかして痰がつまっているのかなと思い起き上がった。夢だった。ジャンは静かに私の横で寝ていた。
もう、咳と呼吸ができない苦しみの顔ではなく、穏やかな、見たことのない仏様のような顔で寝ていた。




ジャンは私のために、頑張ったんだね。用意したドギーカートに私のために乗って、入院したおじいちゃんの看病ができるよう、旅立つ日を決めたんでしょう?



でもね、もっと、看病させてほしかった。もっと、もっと甘えて良かったのに。最後の夏、朝早くの散歩を楽しみに、早起きの練習をしてたんだよ。



ジャンはいつも、狸寝入りしてたでしょ?ねんねって言うと、目をつぶって、大きなウソの寝息をたててたね?それで、私がどこかに行こうとすると、すぐ起き上がって、私がどこにも行けないように、とうせんぼをしたね。でも最後の日、私がねんねしていいよと言っても、なかなかねんねせんだったね。私はもう、どこにも行かなかったのに。ねんねして良かったんだよ。



まだジャンがいないことが、信じられないなぁ。ジャンがいないことに、慣れないよ。



ジャン、ずっと、ずっと一緒にいたかった。 ジャン、ごめんね。 ジャンこんなお母さんを許してね。 いつか、笑顔で、ジャンのことを、話せるようになるまで、ジャン、後悔の時間を、ちょうだいね。


そして、メールを頂いた方と、ジャンを応援して頂いた方や、コメントを書いて下さった方、ありがとうございました。
[PR]
by jeandue | 2008-07-22 19:45 | Comments(10)

ジャン、頑張ったね。

d0129469_1005275.jpg


ジャンは頑張りました。最期まで、病気と戦い、頑張って、頑張って、自分で決めた日に旅立って行きました。



ジャンのこと、いろんな方から、
ジャンは穏やか、
ジャンはいつも笑顔で優しいとか、怒らないよねって言われてたけど、
ジャンは強くて逞しかったのだと、今になって、気がつきました。




ジャンが、私たち家族の中心でした。ジャンがいて、私がいたんだと思います。




7月13日
午後8時15分 永眠。



今は、まだ、後悔の中にいます。もっと、ジャンのそばにいたかった。



追記


ジャン?ありがとね、


たくさんの贈り物をジャンからもらったね。ジャンのお父さんも言っていたでしょう?ジャンがいたからたくさんの出会いがあったって。



たくさんのお友達からも、ジャンにありがとうのメールがきてるよ。



あなたはいつも、私と中川君のことを気にかけていたね。もっと仲良くしてほしかったのかな?。大丈夫。私たちは、ずっと一緒にいるよ。ジャンの一番好きだった中川君のこと、ジャンのかわりに私がそばにいるから。大丈夫。心配しなくていいんだよ。



だからジャン?迷子にならずに、虹の橋を、渡らんといかんよ。


途中で、寄り道して、友達のワンコと遊ぶのはいいけど、迷子のワンコを連れて帰ったりしても、もう、わたしは、お世話は、できないんだよ。



だから、寄り道せず、まっすぐ虹の橋に向かって行きなさい。


絶対にまた会える。
信じてる。



いつも笑顔で優しくて、我慢強い、私たち夫婦にとって最高のジャンへ。
[PR]
by jeandue | 2008-07-17 10:00 | Comments(14)

七夕

d0129469_19473524.jpg

d0129469_19473552.jpg

d0129469_19473532.jpg

d0129469_1947356.jpg

自分のわんこに、介護の日がくるなんて、考えてもいなかったから、わからないことだらけ。 いろんな方からのお話を参考にして、少しずつ。


食事は、一度にたくさんあげると、癌で押し上げられた心臓や、食道を圧迫するようで、今までのやり方であげると、食べた後に咳が一時間程、止まらない。 テディジュジユママさんや、獣医師さんから、言われたように、少量ずつ回数を、何回かに、分けて、やわらかくしてあげると、食べれたし、食後の咳も、減ってきた。



栄養素としてあげてた、、メシマも、ナナママさんから、頂いた、山羊ミルクに、私の手で混ぜたら、飲んでくれるようになった。 しかも自宅を調べて、ナナパパとナナママが一緒に自宅に、ジャンの好きな馬肉まで持ってきてくれた。




heartさんやホージーママから、教えてもらったポカリはまだあげてないけど、、ジャンのお父さんが時々飲んでるなァ。



そして、
のりさんママから、しあわせのコインと、ジャンにそっくりな、のりさんの写真が一緒に届いた。ジャンは、その日から歩きたがり、ウ○チも少しだけどでるようになった。まるで、のりさん分までがんばっているかのよう。



苦しそうに咳をしているのを見ると辛かったけど、ジャンを通じて、しあわせの輪が、繋がって見えた。



昨日は七夕の日。たくさんのわんこたちは、ママとパパに会いにきてたかなぁ。
七夕の日に間に合わなかったわんこも、いつもいつも待っているママやパパたちに、会いにきてくれますように。
[PR]
by jeandue | 2008-07-08 19:47 | Comments(7)

自分でわかる?

d0129469_1543076.jpg

       なんかな~。きもちいい風が、はいってくるぅ。。。


d0129469_1543061.jpg

       ぼくは、お外がすき誰が何と言っても、お外が、すきっ。




 


おととい、病院に行った。


酸素ボンベを借りた。口元に持っていくと嫌がる。



私なら、恐怖で、大騒ぎしそう。



ワンピーさんに来てもらった。ワンピーさんのアドバイスで



段ボール箱の中にジャンの顔に合う酸素マスクをいれて→ジャンの顔を段ボールの中に入れ→少しずつ→少しずつ→段ボールの中に入れてある酸素マスク(実はメガホンを手作りしたもの)に慣れさせていった。



説明すると、難しいけど、少し嫌がらなくなったみたい。

ジャンも酸素マスクをした方が気持ちいいのがわかる。



少しずつ、少しずつ、根気よく、やっていこう。
[PR]
by jeandue | 2008-07-04 15:04 | 優しい時間 | Comments(12)

楽にすごさせたい。

d0129469_10182222.jpg

ジャンの咳が、日増しに、ヒドくなっていき、辛そうにしている。時々、目にいっぱい涙をためている。なんとか、呼吸が楽にならんかなぁ。。



先生から、 タバコが原因??だから、犬の肺癌はあまり症例がないと言われた。
わんこの病気の本にも、ほとんど肺癌のことは書いてない。 抗癌剤はもう無理。手術も二度したので無理。左肺を半分、右肺を半分と、とってしまってるので、ギリギリの状態らしいけど。



しかも、あまり食べない。 食いしん坊のジャンが、食べなくなったら、最期だと、いつも思ってたから、ツラい。どうすればいい?ワカラナイ(泣)

食べないからか、歩かないからかウ○チをしない。水分を取らない???



手作り食に変えてみたらいいのかな。 大型犬の介護や食事など、他のわんこママはどうされてたのだろう??
[PR]
by jeandue | 2008-07-02 10:18 | Comments(7)

あっちにいるジャン ドゥドゥ ディンと こっちのあれやこれや。


by jeandue
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31