最後の3日間

d0129469_19453257.jpg

d0129469_19453290.jpg

d0129469_19453250.jpg

d0129469_19453248.jpg

いつか、この日が来ると、覚悟してたはずなのに、こころをどこかに忘れてしまった感じで、ただ時間が過ぎることだけを考えている。





11日から3日間の休みをとった。ジャンがやってきて、はじめて、ジャンのことだけを思い、ジャンと家族で、過ごした3日間。この3日間を忘れないよう。


11日 金曜日、少しでも元気なジャンに、会わせたくて、昼に妹と姉に連絡をした。妹がきたからか、喜んで久しぶりにジャンは尻尾を振った。食事を少しした後、なかなか寝ようとしない。ずっと、咳も出たまま、呼吸ができず、舌は赤黒い。何度が眠ろうとしたが、眠ってしまうのが、怖いのか、頑張って起きている。それから姉が来た。姉の手をペロペロ舐めた。姉は、 ジャン、きついとに、なめてくれると?とジャンに聞いた。




その日までに、なんとか間に合うよう急いで作ってもらった、ドギーカートが届く。みんなで、ジャンを乗せた。 もう歩けないので、みんなで抱っこして乗せた。ジャンは最初にドギーカートに、乗せられた時に少し震えたけど、笑った。本当に、楽しそうに笑って乗っていた。


12日朝ますこさんがきた。朝からずっとジャンは散歩をしたそうだった。
ジャン?散歩行く?
ドギーカートに乗る?本当に乗りたそうな顔をしたので、ドギーカートに乗せて、私とジャンの大好きなお父さんとますこさんとで、カートを押した。



いつもの公園。ジャンが、ちょっとだけ歩けたように、見えた。オシ○コもやっとした。


いつもの大好きな場所に座って笑っていた。いつもの好きな水飲み場に入って、頑張って水を飲むつもりがそれはさすがに出来なかった。
なぜだか、咳はでなかった。

その散歩の途中、自分から家に帰りたがった。今まで散歩の途中で帰りたがったのは、はじめてだったので、私はこの時、少し覚悟をした。



家に帰ってから大好きな山羊ミルクをあげたけど少し残した。


妹が夜10時にジャンの看病に来てくれた。三時間ほどしてやっと、少し眠った。この時、酸素をいやがりチューブを噛み切った。



13日、妹が明け方に帰り、私もいつものように玄関先で寝た。10分くらい眠ると、また咳をはじめた。しかも自分で起き上がろうとした。



ジャンはいつものジャンの場所に行きたそうにしたので、中川君と、いつもの場所に連れて行った。明け方、ずっとその部屋から外を見ていた。あの時、ジャンは何を見ていたのだろう。



13日午後4時 体温が計れない位の高熱と、呼吸が、続き、なんとかしてあげたかった。病院から注射をもらってきて、中川君が点滴をした。最後まで望みは捨てない。なんとか、熱だけでも、下げてあげたかった。
午後8時ジャンは最後まで、必死に呼吸をした。あきらめなかった。



翌日の朝、5時45分にいつものように、ジャンが起きてきて私の横で、大きなあくびをした。私は、あっ、もしかして痰がつまっているのかなと思い起き上がった。夢だった。ジャンは静かに私の横で寝ていた。
もう、咳と呼吸ができない苦しみの顔ではなく、穏やかな、見たことのない仏様のような顔で寝ていた。




ジャンは私のために、頑張ったんだね。用意したドギーカートに私のために乗って、入院したおじいちゃんの看病ができるよう、旅立つ日を決めたんでしょう?



でもね、もっと、看病させてほしかった。もっと、もっと甘えて良かったのに。最後の夏、朝早くの散歩を楽しみに、早起きの練習をしてたんだよ。



ジャンはいつも、狸寝入りしてたでしょ?ねんねって言うと、目をつぶって、大きなウソの寝息をたててたね?それで、私がどこかに行こうとすると、すぐ起き上がって、私がどこにも行けないように、とうせんぼをしたね。でも最後の日、私がねんねしていいよと言っても、なかなかねんねせんだったね。私はもう、どこにも行かなかったのに。ねんねして良かったんだよ。



まだジャンがいないことが、信じられないなぁ。ジャンがいないことに、慣れないよ。



ジャン、ずっと、ずっと一緒にいたかった。 ジャン、ごめんね。 ジャンこんなお母さんを許してね。 いつか、笑顔で、ジャンのことを、話せるようになるまで、ジャン、後悔の時間を、ちょうだいね。


そして、メールを頂いた方と、ジャンを応援して頂いた方や、コメントを書いて下さった方、ありがとうございました。
[PR]
Commented by heart♪ at 2008-07-22 20:28 x
ジャン君 頑張ったね
偉かったよ 本当にイイ子
お散歩楽しかったね


ごめんなさい 涙が止まらず
うまく書けないや…
Commented at 2008-07-22 22:59 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by わんぴー at 2008-07-23 11:23 x
ジャン・・・今何しているの??
昨日・・ジャンと散歩した公園に行きました・・
涼しい風と時間が流れていました・・・
Commented by yuko at 2008-07-24 16:15 x
いとおしいいとおしいジャン君

きっとママは世界で一番の大切なジャン君だよ。
きょうのお写真見てたら涙があふれてしまいました。

だってジャン君、
カートでのお散歩をこんなに楽しそうにしているんですもの。
ウイリーもこの赤いカートが大好きだったよ。

ジャンドゥさん、
どうかお疲れがでませんように・・・
Commented by ジャンのおばちゃん at 2008-07-30 01:31 x
色々あったり、最後のブログを見る勇気無くてやっと今日見ました。
ごめんね、ジャン、おばちゃんが家に着いた時はもう眠ってしまっていたもの・・・・
きつかったねジャン、でも、本当に良く頑張ったよ。
おばちゃんもまだジャンが居ない事が不思議な気がする・・・・
玄関開けると、いつものように尻尾を精一杯振って出迎えてくれるような

でも、もう、病気で辛い思いはしなくて良いんだよ。
チャールズも、きっと四本足で走り回って居ると思う。

いつか、おばちゃんがそちらに行く時、絶対に忘れずに迎えに来てね。
それから、いつまでも、お母さん達の事見守っていてね、時々で良いから
おばちゃん達の事も思いだしてくれると嬉しいよ。

今でもジャンの大きな舌で顔中舐められていた事を忘れない、沢山の楽しい笑顔ありがとね、ゆっくり休んで、又会おうねジャン!!
Commented by ジャンドゥ at 2008-08-12 08:57 x
heart♪さん

本当にジャンは頑張りました。偉かったです。ジャンのこと、ずっと応援してくれてありがとうです。忘れないでやってください。
Commented by ジャンドゥ at 2008-08-12 09:08 x
鍵コメさん

ジャンは最期まで、本当に、立派でした。
どれだけ時間が過ぎても、私のジャンに対しての、後悔はなくならないと思いますが、その後悔の時間も、また、ジャンとの大切なひとときだと、受け止めて、いきたいと思います。わたしも、ジャンのいろんな顔を忘れないで、心にいつも一緒にいたいと思います。
Commented by ジャンドゥ at 2008-08-12 09:13 x
わんぴーさん

私もジャンと散歩した公園にドゥドゥと行きました。 わんぴーさんも、無理せず、ゆっくり、頑張ってくださいね。
Commented by ジャンドゥ at 2008-08-12 10:25 x
yukoさん

ジャンは最後まで、楽しそうな顔でお散歩しました。 ウィリー君の大好きなカートに出会えなかったら、ジャンはジャンの大好きな公園に行くことができなかったと思います。本当にありがとうございます。感謝しています。赤いカートを見たら、時々はジャンのことを、思い出してやってください。
Commented by ジャンドゥ at 2008-08-12 12:39 x
ジャンのおばちゃん 

おばちゃんが 来たこと ちゃんと気がついてたよ。              チャールズと、仲良くあそんでいるよ。チャールズの足、ちゃんと、四本あったからね。それを、一番つたえたかったんだ。        
またね。
by jeandue | 2008-07-22 19:45 | Comments(10)

あっちにいるジャン ドゥドゥ ディンと こっちのあれやこれや。


by jeandue
カレンダー
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31