いま 石牟礼道子を よむ


本を読むのは好きだけど、

文学となると好きなのかどうかわからず。

そもそも文学って?

と、いう興味本位で、3人の作家が語る石牟礼文学を語る「いま石牟礼道子を よむ」に行ってきました。

なんかわからないけど、楽しかった。

特に、トーク後の、質問を受け付けるコーナーで、時間と認知症の関係を尋ねられた時の、
高橋源一郎さんの話に、ホッとした。

認知症の人を病人扱いしたり、可哀想な感じに捉えられたりしてるけど、僕は、幸せなんじゃないかと思うんですね。
今を楽しんでいて、過去のいろんな事とか関係なく、今を生きてる。ので幸せなんじゅあないか。

みたいな事を言われたのです。

認知症の進行状況や、環境によって一概には言えないけど、私も母をみてそう思っていました。


そこに行き着くまでは、葛藤もあり、なぜこんなに、聡明な人が認知症になったのかと、苦しんだ時期もありましたが、母はいつも、私の顔を見てありがとうと、ほほえんでいたのです。
母は私と一緒にいた間、幸せだったと思いたい。
悩み、苦しみから解放され、幸せだったと思いたい。


と、思っていたので、高橋源一郎さんの話を聞いて、少し救われた気がしました。




それから
自宅に帰り先日買った町田康さんの本「猫のあしあと」を取り、読み進めるうちに、
町田康さんの猫への愛情の深さにうれしくなり、
今日買った「ギケイキ」にサインをしてくれた町田康さんの優しい目元を思い出し、
文学っていいなぁと、思った次第です。


d0129469_16410046.jpg



[PR]
by jeandue | 2016-11-07 16:40 | Comments(0)

あっちにいるジャン ドゥドゥ ディンと こっちのあれやこれや。


by jeandue
カレンダー
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31