いたるところで


この季節は

いたるところで、里親さんさがしが始まる。


就職で上京するから。


進学で上京するから。



何故。



何故、残った家族が面倒を見ないのか?



里親さんさがしをしているならまだまし。



近所のニャンコは飼い主さんが、施設に入られたから、と、残った家族は、家を改築した。残された家族のはずのニャンコの場所が無くなったのか、その家族のはずのニャンコは近所をウロウロするようになった。



最初、見つけた時は、野良ちゃんかと、近所に聞いてまわったら、そのような事だった。






そのニャンコは、我が家に食事に来るようになり、そのうちに、少しなついてきた。
飼い猫だったわりには、警戒心もあり、すでにかなりの年齢になっていた。



そして、地震。



私たちが避難している間に、来なくなった。




d0129469_13512135.jpg




d0129469_13512266.jpg





[PR]
# by jeandue | 2017-03-19 22:01 | Comments(0)

誕生日



今日は私の誕生日でした。

二年前に病気


一年前に地震



いろいろあったし、いろいろあるけど、



来年の今日も笑っていたらいいな。



d0129469_22210884.jpg

d0129469_22235758.jpg



d0129469_22211307.jpg





[PR]
# by jeandue | 2017-03-18 11:29 | Comments(0)

手首の傷あと


休みなし残業で出張が続いたせいか、


とうとうダウンしてしまいました。


過労による脱水症状とかで、
頭痛、めまいがあり、点滴になりました。



点滴を打ってもらうために、差し出した右手を見て、ある犬との事を思い出しました。



未だに消えない傷。



近所のゴールデンレトリーバーに噛まれた傷。



真夏のある日。
大きな家の駐車場の横に、犬小屋には立派過ぎる位の犬小屋がありました。
私とジャンは、通り過ぎようとしたが、なんか変で。



近くまで行ってみると、不自然に目隠しをされた犬小屋の中に、ゴールデンレトリーバーの成犬が。
私とジャンを見てその仔は尻尾を振ったけど。





その仔の食器の中には、水と一緒に、蟻が浮いていた。
しかも、夏、
水は熱くなっていました。


撫でようとしたら、隣に住んでいるおばあさんが、出て来られ、
『まぁ、珍しい。その仔は、うちの娘(飼い主)以外には噛み付いたり、吠えたりするので、誰にもわからないように、こんな形の犬小屋にしてるの』と、
言い、
『これからも、遊びに来てやってね』
と、言われたので、私とジャンは、毎日、水を持って行ってナデナデして帰るのが、日課になったのです。



ある日、



いつものように、そのワンコに会いに行くと、

珍しく
飼い主とやらが、家にいるらしく、


一 度位はご挨拶をしようと、家のベルを鳴らした途端、






その仔は、私の手首を本気で 噛んだのです。



まるで、飼い主を私から守る!とでもいうかのように。




びっくりしました。




散歩もさせてもらえず、




器の中の水は濁っていて虫が浮いている。




太陽にあたった事もなく。




誰からも声を、かけられた事もなく。



それでも、飼い主を守るために、私を噛んだのです。




その飼い主に、自分の存在をアピールするかのように。




私は手首から出る血を押さえ病院へ行きました。




その後、その飼い主が、



何度か散歩に行くのを見ました。



そして何年か後、その仔は、病気になり、さらに良くない環境で亡くなりました。



犬は飼い主を選べないと言いますが、
飼い主を選べないではなく、
選ばないのだと思います。



どんなにひどい事をされても、
どんな飼い主でも、



自分の飼い主が一番なのです。

d0129469_13073101.jpg















[PR]
# by jeandue | 2017-03-06 13:07 | Comments(0)

哀しい報告


哀しい報告があります。


と、メッセージが。




私が保護したニャンコの飼い主さんから。



2007年2月19日にオレンジさんで飼い主さんに、なって貰ってから10年。



『たくさんの幸せと優しさを運んでくれました。』の後に続くメッセージには、どれだけ、愛されていたかがわかる内容でした、



以前、犬や猫を保護した後里親さん探しを
していたわけですが、



保護したワンコニャンコに里親さんが見つかった時には、天にものぼる位の幸せを貰いますが、



と、同時に、哀しい報告の時は、



かなり落ち込みます。


が、


縁ちゃんのように、天寿を全うしたかのような旅立ちには、ありがとうの気持ちでいっぱいになります。



この世に生まれてきてくれてありがとう。
たくさんの人を繋いでくれてありがとう。と、
感謝の気持ちで、いっぱいになるのです。





『これからはいつでも私のそばで見守っていてくれると信じています。
こんな素晴らしい子に出会えて本当によかったと思っています。
ありがとうございました』



きっと、飼い主さんも、そう、思われているに違いないのです。

[PR]
# by jeandue | 2017-03-01 14:06 | Comments(0)


以前、まだ、私が若かった頃、


譲渡会で若い子犬や子猫を、60歳以上の方には渡さないようにしているのを見て、




頭では納得していても、心の何処かで、



なぜ60歳以上の方に、子犬を渡さないのか。60歳以上でも、充分飼えるのに。



と、思っている私がいました。




ところが、



最近、自分が高齢になってみると、
確かに、若い犬、しかも、ゴールデンなどの大型犬のお世話は難しいような気がしてきました。





自分が病気したら、

先に、、、
体力は、、
お金は、、
などなど。




高齢にならないとわからないものです。

d0129469_16234289.jpg



オットN君が、お○○○したがディンを抱き上げながら、ヨシヨシしながらつい、泣いてしまったところです。。




オットの方が年下なので、まだ、少しは大丈夫なのかな。





N君が高齢になった時には、もう抱っこは出来ないだろうなぁ。

[PR]
# by jeandue | 2017-02-16 18:30 | Comments(0)

心を無くさないために。



最近は、毎週休み返上で、出張に行くので、
出張のない今日の休みは、唯一、ゆっくり出来る日。。。のはずが、
仕事になり、仕事後、大急ぎで父のもとへ。





今日、13日は父の月命日です。





どんな事があろうとも、毎月、出来る限り午前中に父のお墓へ行き、お墓掃除をするようにしています。



今日は、午前中には行けず、慌てていたため、
お花だけしか持って来てないことに、お墓に着いてから、気がつきました。



あ〜また最近、忙しすぎて、
心を無くしているなぁ。
心を亡くしては、ダメだなぁ。



13日。父の月命日は、そういう事にも、気付かされる大切な日なのでした。





d0129469_17203260.jpg



[PR]
# by jeandue | 2017-02-13 16:54 | Comments(0)

冷えとり


『冷えとり』をして二年が経ちますが、
想像以上に心地よいです。


タレントさんが使っているブランドのようで店でも、取り扱いしているブランドです。


もともと、取引き先のハイブランドのスタッフからのしつこいオススメで、当時は『冷えとり』ブランドのまわし者かぁemoticon-0116-evilgrin.gifと思ったりしくらいです。
その彼女からの電話がかかると居留守使って、逃げ回ってましたが、
今となっては、オススメしてくれたことを感謝しても感謝しきれないくらい、体が強くなったように思います。


冷えとりを始めた時に、面白い現象がいくつかありました。


それを体験してからは、ますます、冷えとり用のソックスが手放せなくなりました。


話すと長ーくなるので、それはまたの機会に。


[PR]
# by jeandue | 2017-02-07 13:20 | Comments(0)

このブログの今後。


このブログを始めて、随分経ちます。


もともと、ジャンとの事を書きたかっただけでしたが、ジャンから始まり、ドゥドゥ、ディンと10年になります。

ボランティアは続けてますが、今はまだ、自分のワンコを迎える勇気がありません。


ジャン、ドゥドゥ、ディン、と皆、闘病生活が長く、私が迎えるワンコ達は、皆、病気になるのが、私のせいのような気がして。


時々自宅に来てくれてた看護士さんからも、確かに我が家の空気(エネルギー)は良くないのかも。とも言われ、もともと、犬を室内飼いをしてはいけない(借りる時は大丈夫と言われましたが)物件のようで、今は犬のいない生活です。

次のワンコを迎える勇気と犬を飼える家の確保が出来るまで、我が家のワンコ以外の出来事のブログとなりそうです。

d0129469_19505484.jpg

ジャンとドゥドゥ
d0129469_19505584.jpg

ドゥドゥとディン

[PR]
# by jeandue | 2017-01-17 18:59 | Comments(0)

映画『PK』


昨日から、知人おすすめの映画に行くと決めていたので、映画『PK』観てきました。


よく、おすすめの映画は?と聞かれることが、多いのですが。
なかなか簡単には答えられません。


その時の観る人の状況によって、
観たい映画が異なるように思うからです。


今の私は、体力は充実してますが、精神面が辛い。。状況なので、観終わったあとに、
『ビールでも飲んで帰ろうかな』と飲まずには、帰れない映画はいまは観れません。
病気後、アルコールがあまり飲めなくなった事も 原因ですが、今は考えてしまうような映画は観れません。ひと月後はわかりませんが。


と、言うことで、ただひたすら楽しくなる映画『PK』を観てきましたが、ただひたすら楽しいだけではない、深さがありました。


宗教や愛情など、家族愛や友情など。
長い時間も全く退屈ではなく、
大好きな映画のひとつになりました。


写真撮り忘れました。
[PR]
# by jeandue | 2017-01-10 17:53 | Comments(0)

仕事の意味








年明けから、
d0129469_20425793.jpg

忙しくしてます。


色々あって。



私も、なぜ仕事をしているのかを考えてみました。



良い物を提案したい。それを購入した方に喜んでもらいたい。

そして、気持ち良くなってもらいたい。

気持ち良くなるとモチベーションも上がる。

服や物にはそういう役割があるように思えます。



私の仕事をする意味は、それだけのような気がします。



今年も喜んでいただけるように、がんばろ!


[PR]
# by jeandue | 2017-01-07 13:38 | Comments(0)

今年は自分を大切にします。


自分を大切にしないと、優しくなれませんものね。


病気したのも神様の贈り物。


自分の体を大切にするための食事を摂る。



食事を作るための時間を摂る。


今年も良い年となりますように。


d0129469_20403922.jpg


[PR]
# by jeandue | 2017-01-01 20:36 | Comments(0)

年末のご挨拶



今年は、熊本は大きな震災を経験しましたが、店には、たくさん足を運んで頂き

励ましやあたたかいお言葉をたくさん頂き、有難く忘れられない年となりました。



新しい年が皆さまとっても、希望にみちた年となりますように。
感謝を込めて。


d0129469_19375747.jpg

d0129469_19375815.jpg

d0129469_19375874.jpg

d0129469_19375903.jpg


[PR]
# by jeandue | 2016-12-31 19:24 | Comments(0)

ニャンコ達健忘録

12月26日

朝行くと、ニャンコ達が皆、にゃーにゃー寄って来ます。


妹がいないので、この時に食べないと食べれないと思っているんでしょうね。


皆にカリカリあげました。

あられも自分からキッチン台にあがるようになりました。(あられだけ、カリカリじゃない食事なので、皆が欲しがらないように、皆と違う場所で食べます)


姉が残して置いてくれた分ほぼ完食。



思いの外時間かかり、急いで病院へ。



体重4.05。薬済み。
ニャンコに薬を飲ませるのは難しいけど、あられは大人しいので、大丈夫。

二階に吐いた後があり、先生にも写真で見せる。多分あられだろうけど、食べたあとすぐ吐いてるわけではなさそうだし、食欲あるので心配しなくて良いそう。
前回も右目が、涙目で気になったが、病気後から涙目になってると言われた。今回は目ヤニがあるので薬をもらう。一滴ずつ1日に三回、
右目のみに使う。


入院しているなむちゃん、先生からなむちゃん元気良すぎとニコニコ。元気が出すぎて、点滴部分をガジガジして外したらしい。なのでカラーが大きくなっていた。初めて抱っこしたけど、私の時には、足はバタバタした。
確かに元気。
途中妹が来たのであられを預ける。
今日は一応これで終わり。

d0129469_19315235.jpg

d0129469_19315307.jpg



iPhoneから送信ا


[PR]
# by jeandue | 2016-12-26 18:58 | Comments(0)

ニャンコ達健忘録

12月22日
あられ、カリカリ食べていたので、補充。
一階組ひめみわは器カラで補充。もみじきなこも少し残っているくらいでカリカリだけあげた。


あられはすぐ、病院へ。


あられ体重3.96 病院で小さな缶完食。薬も点滴もお願いして病院でやってもらいました。


私が出来るようにならないと。です。



なむちゃん
高い抗生剤が効きましたと先生。

値段が高いと効果も高いのか、ご飯も自分で食べ、おしっこの匂いがましになったそう。

見た時にも、ゲージ奥にひっそりじゃなく手前に来て前回より、しっかりしてる。


カビの検査結果がまだきていないそうです。


いつまでの入院になるのか。



d0129469_18561580.jpg



iPhoneから送信ا


[PR]
# by jeandue | 2016-12-23 20:43 | Comments(0)

ニャンコ達健忘録


19日 20日仕事忙しく行けませんでした。
21日火曜日
一階組の、ひめちゃんみわちゃんはカリカリ完食。二階組のもみじきなこもカリカリ完食。

病院へ行く前なので、食事は軽くスプーンに二杯分食べさせました。

あられをゲージに。
ところが、さすがに、あられも、食事後は、
苦手な薬かゲージに入れられるか、がわかるらしく
逃げ気味。でしたが、あっさり捕まえられ病院へ。
体重3.95
薬の飲ませ方を習うが、なかなか難しい。
犬とは、なんか、ちがうなぁ。
歯の構造のせいかなぁ。
周りのニャンコ飼い主に聞いても、皆、難しいと言う。
結局、先生にお願いした💦💦


それから
入院中のなむちゃん。
週明けから少し調子良くなく、食欲ないので、
高い抗生剤を使うそう。


効けばよいなぁ。
効きますように。


iPhoneから送信ا


[PR]
# by jeandue | 2016-12-23 14:08 | Comments(0)

妹のニャンコ健忘録

17日
朝9時半から
一階ひめちゃんみわちゃんに食事。
ひめちゃんはいつものかんじ。みわちゃんは夜中食べたのか空になった容器ありました。

あられもスプーンで二口。カリカリは3分の一食べる。

きなこ、もみじは食べてくれました。

あられ病院へ。
体重3.9 やっぱり減ってるぅ。ショックです。


なむちゃん
看護士さんから、やっと慣れてきて調子は悪くないけど、
抗生剤三種使い、熱は上がったり、下がったり。

強い薬にかえても良いけど値段が高いので、妹に確認してください。
緊急じゃない。と、言われました。
なむちゃんの検査結果はまだ先。
入院は長くなりそう。

d0129469_14373999.jpg

d0129469_14534337.jpg


[PR]
# by jeandue | 2016-12-21 14:13 | Comments(0)


先日から、妹宅のニャンコ達の世話に時々出掛けます。
最近の健忘録です。
13日
なむちゃん体温測ると41.2.直ぐ病院へ行く。
腎盂腎炎とのこと。
何の抗生剤があうか検査してもらうことになりました。

14日
妹の調子悪く朝からなむちゃんを入院させ、
妹を近くの病院へ。
妹の炎症の値CRPが高く
レントゲンも肺が白くなっている。

15日
夜始めて
一階のひめちゃん みわちゃん、
二階のもみじ きなこ あられの世話をする。
10時に着き夜中の1時まで、かかってしまう。

16日
朝からまた妹宅へ。にゃんこお世話後、入院しているなむちゃんの様子を見に行きました。
抗生剤がなかなか効かない。様子は悪くない感じだけど、、、。

あられちゃんの点滴も病院でやることに。。
わんこなら、私も点滴出来るけどなぁ。
にゃんこは動くので、難しい。

しかし!自宅点滴は安いけど、病院でやるのは高い‼️
なんとか 出来るようにならなければ💦💦

急いで仕事へ。
d0129469_19580003.jpg


d0129469_19580139.jpg




[PR]
# by jeandue | 2016-12-16 20:52 | Comments(0)

あっちもこっちも


12月10日 ドゥドゥ命日。


12月12日 ディン命日。


今日は、父の月命日。


あっちは忙しいらしい。


今日は父の祥月命日の代わりにお寺さんに行きお経をあげて貰いました。



帰りに久しぶりに妹のニャンコ達に会いました。


最近、南無ちゃんの体調が良くなく、抗生剤を使っても熱下がらないので、病院へ。



エコーを撮る。


結果 腎盂腎炎。


またか。


南無ちゃんは半身不随とわかっていて、妹が保護したニャンコ。



どうして、こうも次から次へと、
私たち家族の保護犬 保護猫は病気になる子たちが多いのだろう。





神様は、きっと、お世話が、出来る人の所に
病気の子を預けるんだろうね、と、以前、私も言われた事を妹に言う。




返事はなかった。
[PR]
# by jeandue | 2016-12-12 21:28 | Comments(0)

ジャンの夢



投稿が随分遅れてしまいましたが、

2016年。11月27日。
熊本県庁プロムナードで、保護犬猫の譲渡会がありました。


どうしても、仕事の都合がつかず、参加出来なかったのは残念でしたが、始まりの一歩です。


やっとここまで来た。と、感慨深い気持ちになりました。


私が里親さん探しを本格的に始めたきっかけは一匹の片方の目を負傷したプードルとの出会いです。


それまでは、ジャンと散歩をしているときに出会った迷子犬の里親さん探しをしていました(何故か、ジャンは迷子の犬をよく見つけていたのです)



そのうち、熊本市愛護センターのワンコをわたしが引き取り、里親さん探しをしました。


その後、そのやり方では私の資金だけでは無理だと気がつき、その当時の市の職員の方に


愛護センターのワンコを愛護センターの中に預けたまま、その子達の写真をタウンパケットに出す方法はないか?と尋ねました。



当時の職員のTさんが、中川さん、それはやった事がない。一応、会議にかけて話し合いしないと、いきなりは無理です。
と、言われ会議。




その後、連絡があり、私が引き取る前に愛護センター内にいるワンコをタウンパケットに載せる事になった‼︎のです。


画期的な出来事でした。
d0129469_19292794.jpg






[PR]
# by jeandue | 2016-12-11 10:08 | Comments(0)

まなぼうさい 防災訓練


19日は、先週に引き続き、校区でのまなぼうさいの防災訓練に参加しました。




熊本地震以後、地域の清掃、防災訓練など、
出来る限り、参加しようと思います。





8時50分集合、9時半からの始まりで、終了は11時前。
バタバタと自宅に戻り、仕事へ。



ずっと、ならいたかった心臓マッサージ、AEDは、実践をさせて頂きました。



d0129469_21322259.jpg

何と、私の知らない間に、知人が写真を撮ってくれていました。
これはいけません。へっぴりごしです💦
実際は、もっと
体重をかけて、力強く、マッサージします。







[PR]
# by jeandue | 2016-11-19 15:52 | Comments(0)

おはぎとお茶


11月13日は近所の公園の一年に一度の清掃の日。
この公園がまた広い。
しかも広いグラウンドの周りも一緒に清掃で、
9時に始まり10時半までの予定。




それはマズい。仕事は11時半から。
自宅に戻りシャワーを浴びるためには、なんとか10時には終わりたい。




ところが、なんと、学園大のサークルの学生約35名のボランティアで、終了したのが予定より、30分も早く終わりました!



ありがたい‼️
次回からもお願いしたい‼️
と、思っていたら、
「地域の皆さん、いつも色々とお世話になっています。僕らからのお礼で、おはぎとお茶をご用意しました。一例に並んでお受け取りください」
と、
リーダーらしき男子生徒が言っているじゃあないか。




その心遣いに、感動しました。



地震の時のボランティアに引き続き、学園大の生徒たちには、
感動させられっぱなしです。



d0129469_19512956.jpg



d0129469_19513079.jpg

d0129469_19513125.jpg

d0129469_19513235.jpg





[PR]
# by jeandue | 2016-11-13 17:51 | Comments(0)

山で暮らす夫婦を支える25年間の
ドキュメンタリーです。


最初におばあさんが、何かをする度に、
よいしょよいしょと声をかけるのですが、
そのよいしょよいしょは、
よっこらしょっとは違い、
フィイトフィイトって言ってる
かけ声のような気がしました。



しかも、三女の方も、何かをする時に同じようによいしょよいしょっと言われているのです。


後半の三女さんご夫婦の山での暮らしは、ご両親の姿と重なります。
そうやって家族皆で暮らして来られたのでしょう。



あらためて、家族とは何か。
幸せのそれぞれのカタチを考えさせられた、
私にとっては良い映画でした。



d0129469_19070032.jpg



[PR]
# by jeandue | 2016-11-12 13:57 | Comments(0)

コツコツと、保健所の保護活動をしていたとき。



いつものようにタウンパケットに、保健所のワンコを載せた。


引きとりたいと電話があり、保健所に急いだ。


ところが、引きとりたい方以外にもう一人、女性がいるじゃあないか。


電話連絡うけてないなぁ、と、保健所の人と女性の話を聞いていた。

すると、先日引きとった犬が、お○っこしたから、いらないと、犬を戻すと言ってるらしい。


私の聞き違いなのかぁ?
生きてる限り、お○っこも、う○ちもする、あんたは、しないのかぁ?

と、内心怒りまくっていると、


もう一人の女性。


私に引きとりたいと電話かけてきた女性。が


「この子にします。
私が引き取りにきたのは、子犬だから、他の誰かがもらってくれる可能性があるけど、この子はもう結構大きくなっているから、誰も、引き取らないかもしれません。だから、この子にします。」



と、言われ、その戻された犬を引き取って下さった。



犬はお◯っこをするからと、犬を保健所に置いて帰ったあなた。


犬たちも、人間同様に生きているという自覚の持てないあなた。


あなたは、生きている間に、
同じように、辛い目にあうことになるでしょう。



d0129469_15492615.jpg







[PR]
# by jeandue | 2016-11-10 15:29 | Comments(0)

いま 石牟礼道子を よむ


本を読むのは好きだけど、

文学となると好きなのかどうかわからず。

そもそも文学って?

と、いう興味本位で、3人の作家が語る石牟礼文学を語る「いま石牟礼道子を よむ」に行ってきました。

なんかわからないけど、楽しかった。

特に、トーク後の、質問を受け付けるコーナーで、時間と認知症の関係を尋ねられた時の、
高橋源一郎さんの話に、ホッとした。

認知症の人を病人扱いしたり、可哀想な感じに捉えられたりしてるけど、僕は、幸せなんじゃないかと思うんですね。
今を楽しんでいて、過去のいろんな事とか関係なく、今を生きてる。ので幸せなんじゅあないか。

みたいな事を言われたのです。

認知症の進行状況や、環境によって一概には言えないけど、私も母をみてそう思っていました。


そこに行き着くまでは、葛藤もあり、なぜこんなに、聡明な人が認知症になったのかと、苦しんだ時期もありましたが、母はいつも、私の顔を見てありがとうと、ほほえんでいたのです。
母は私と一緒にいた間、幸せだったと思いたい。
悩み、苦しみから解放され、幸せだったと思いたい。


と、思っていたので、高橋源一郎さんの話を聞いて、少し救われた気がしました。




それから
自宅に帰り先日買った町田康さんの本「猫のあしあと」を取り、読み進めるうちに、
町田康さんの猫への愛情の深さにうれしくなり、
今日買った「ギケイキ」にサインをしてくれた町田康さんの優しい目元を思い出し、
文学っていいなぁと、思った次第です。


d0129469_16410046.jpg



[PR]
# by jeandue | 2016-11-07 16:40 | Comments(0)

雲ひとつない晴天。


気持ち良い日は、夕陽を見ながらウォーキングします。


歩いていると、ワンコの泣き声が。


気になって近寄ると、


10歳位の女の子が二人。


その横に小型犬。


ヨークシャ?と思い、近づいて聞いてみたら、
プードルとチワワのミックスらしく、名前は、プーちゃんだそう。


あまりの可愛さに、今日は、ウォーキングは中止し、
しばらく、なでなでして、自宅に戻りました。


以前、私がジャンを飼っていた影響で、
ワンコを飼いだした男の子がいた。



最初は毎日、近所の公園に連れてきて、近所の子供たちも、一緒になり可愛がった。


数年たった頃、その子は部活を始め、散歩は出来なくなり、
代わりに男の子の妹が、散歩に来るようになったが、しばらくするとその妹も姿を見なくなった。



最後まで飼ってくれていたけど、
散歩は忙しくて、出来なかったと、ご両親から聞いた。


最期はどうだったのだろう。


プーちゃんを見て、なんとなくそのワンコを思い出した。





d0129469_18420198.jpg

d0129469_18420253.jpg

d0129469_18420328.jpg





[PR]
# by jeandue | 2016-11-04 17:42 | Comments(0)

ジャンが来て、私の生活は変わった。

元々、病気がちで、体が弱いのに、仕事に追われる毎日で、夜遅いし朝は苦手。とうとう、過労で倒れてしまい、仕事にも行けなくなってしまった。


その頃にジャンはやってきた。



ジャンの「僕お散歩したいの。」という何とも言えない目で訴えてくるので、仕方なく散歩に付き合っているうちに
早起きして歩くようになった。






歩く。とか、早起き。とか、近所の人とのお付き合いが苦手なわたしに



近所にたくさんの犬友が出来、近所の子供たちとの楽しい時間が増えた。



病院から仕事は辞めた方がいいのでは?のアドバイスどころか、生活は一変し、健康になった。



真っ黒に日焼けした私は、まるで別人のように
健康になった。
d0129469_15253245.jpg



[PR]
# by jeandue | 2016-11-02 20:54 | Comments(0)

イングリッドバーグマンのファンというわけではなかったが、


イングリッドバーグマン
愛に生きるを観ました。



自分の思うままに、自由に生きる。


子供を愛してないわけじゃないが、


演じることを、優先し、愛に生きる。


自分の思うがままに行動する。


強い人。


子供たちもそれも充分に理解していたのでしょう。


私の好きなシーンは、


最後の方で、


年齢がスクリーンに映る(出る)のは、バーグマンは辛いと思っていた時に、




「今までのファンは減るかもしれないが、新しいファンができる」


と言われバーグマンの素顔のアップがスクリーンに映るシーン。




ラストで家族をどれだけ愛していたかがわかるたくさんの映像。



良かったです。



残念だったのは、70歳位のマダムが大声でしゃべり続けていたこと。


大声でしゃべり続けながら観るには、


ふさわしくないドキュメンタリーでした。


d0129469_19325844.jpg





[PR]
# by jeandue | 2016-11-01 18:51 | Comments(0)
d0129469_13445066.jpg

妹にあられちゃんの様子が心配でメールしました。



あられちゃんはより甘えんぼになった。
気道のリンパ腫は再発してるけど、普通に呼吸出来ている。


その後、21日に、あられちゃんに会いました。

少し細くなったけど、


前より甘えんぼに、なっててより可愛くなった。


妹とともに、がんばれ。
[PR]
# by jeandue | 2016-10-23 13:43 | Comments(0)

ある日のこと。


夏、昼、いつもの散歩中。


車の中から、


「ぎゃくたい」


と、聞こえたような。


今でも、どこから聞こえたのか、わかりませんが、確かにぎゃくたいと言われたはず。


夏のアスファルトは50〜60度位あるそうです。


しかも、ゴールデン。


フサフサの毛でおおわれています。


朝早く起きるのが苦手な私のジャンとの散歩時間は、10時くらいから。


しかも、散歩大好き、子供大好きなジャンは、
散歩の先々で、子供たちが待っているので、
当然、長時間の散歩になる。


散歩から戻るのは、昼過ぎ。


その時に聞こえてきた声。


今となっては、私も近所の犬散歩されている時間帯が真夏の暑い時間だと、ひと声かけるようになった。


ぎゃくたいとは言えないけど、


犬との夏の散歩時間は、


朝早い時間か、日差しのない夕方以降が
良いようです。



d0129469_17230154.jpg


[PR]
# by jeandue | 2016-10-22 08:30 | Comments(0)

色鮮やかなお揃いの民族衣装を着て町に出る老夫婦ということからTVに出た後、二人の日常がドキュメンタリーに。




淡々とした老夫婦の日常の物語です。



自分の両親を思い出しました。


そして、老夫婦になるまでずっと一緒にいるかどうかは、わからないけど、日常を淡々と、大切に過ごしていこうと思えた映画でした。


d0129469_14191927.jpg



[PR]
# by jeandue | 2016-10-18 16:45 | Comments(0)

あっちにいるジャン ドゥドゥ ディンと こっちのあれやこれや。


by jeandue
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31